ここから本文です

<高校野球決勝>日大三島 最後まで死力

7/27(木) 8:13配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 優勝インタビューに沸く藤枝明誠スタンドをぼうぜんと見つめた。1回戦から全7試合に登板し、日大三島を28年ぶりの決勝に導いたエースの海野。「絶対に勝って甲子園に行きたかった」。閉会式を終えた瞬間、せきを切ったように涙があふれた。

 「海野じゃないと明誠の打線は抑えられない」。川口監督は、前日の準決勝で189球を投げ抜いた左腕に先発を託した。だが、準決勝で静岡から23安打14得点を奪った相手打線は、疲労が残る海野の球を逃さなかった。初回に3点を失い、三回にも適時打を浴びて降板。「疲れはマウンドに立ったら関係ない。相手が一枚上手だった」と悔やんだ。

 東部地区王者として臨んだ昨秋の県大会は初戦敗退。今春は東海大翔洋にコールド負けした。敗戦を機に普段の生活態度や練習の姿勢を根本から見直したチームは、集大成の夏に「あと一つ」まで勝ち上がってみせた。

 最終回。チームを引っ張ってきた海野が、エースの誇りを胸に再びマウンドに立った。「気持ちで投げてくれた。いいボールがきていた」と女房役の塩谷。魂を込めた最後の投球が、ナイター照明で輝いた。

静岡新聞社