ここから本文です

『ジョン・ウィック』、女性主役のスピンオフ映画やドラマ誕生へ

7/27(木) 19:30配信

cinemacafe.net

キアヌ・リーヴス主演の人気映画『ジョン・ウィック』の世界が今後拡大していくようだ。先月、「The Continental」(原題)のタイトルでスピンオフドラマ化が進んでいることが報じられ、監督のチャド・スタエルスキーが「ジョン・ウィックが中心のドラマではないけれど、キアヌの出演シーンはあると思う」と『ジョン・ウィック』ファンを喜ばせた。

【写真】チャド・スタエルスキー監督&キアヌ・リーヴス/フォトギャラリー

今度はスピンオフ映画が決定したと「The Hollywood Reporter」が伝えている。『ジョン・ウィック』シリーズをプロデュースしているベイジル・イワニクが、『ジョン・ウィック』のスピンオフ映画となる女殺し屋が主人公の『Ballerina』(原題)を制作するとのこと。リュック・ベッソン監督の『ニキータ』にクエンティン・タランティーノ監督やマシュー・ヴォーン監督のテイストが加わったような作品が想定されているという。殺し屋として育てられた主人公の若い女性が、自分の家族を殺したほかの殺し屋を追い詰めていく…というストーリーのようだ。

すでに脚本はロバート・ダウニー・Jr.の製作会社で脚本家のアシスタントを務めている23歳の新鋭シェイ・ハッテンが仕上げている。『Ballerina』にキアヌが出演するかどうかは現時点では未定。

最終更新:7/27(木) 19:30
cinemacafe.net