ここから本文です

住宅ローン利用者の意識調査「変動型」が微減 年収による金利タイプの違いとは?

7/27(木) 18:00配信

ZUU online

7月18日、住宅金融支援機構は「2016年度 民間住宅ローン利用者の実態調査」(民間住宅ローン利用者編 第2回)の結果を発表した。住宅ローン利用者において、「変動型」の利用者が微減となる一方、「全期間固定型」の利用者が増加する等、将来の金利上昇を予想する人が増えているようだ。また、年収によって金利タイプの選択傾向に違いがある事も示唆している。

■「全期間固定型」の利用者が増加、金利は底であるの見方が多数

同調査は2016年10月~2017年3月にフラット35を含む住宅ローンの借入れを行った人を対象にインターネットで行われた。調査時期は2017年4月であり、1500人から有効回答を
得た。

住宅ローンの金利タイプ構成比の調査では、「変動型」が半年前の49.2%から47.9%、「固定期間選択型」が36.9%から35.1%とそれぞれ微減する中、「全期間固定型」が13.9%から17.0%へ増加した。また、「固定期間選択型」においても、10年以上を選択する割合が66.6%から75.6%と上昇しており、長い期間金利を固定させた方が有利であると考える傾向が強まっている事が伺える。

今後1年間の住宅ローン金利見通しについては、全体の37.5%が「現状よりも上昇する」と回答し、前回調査時の25.4%から金利上昇を見込む人が大きく増える結果となった。しかし、全体の51.9%は「ほとんど変わらない」と回答しており、前回の59.7%からは減少したものの、半数以上の人は当面金利に変動はないと見ている。「現状よりも更に低下する」と見る人は、2.8%と前回の6.9%から更に低下している。

住宅支援金融機構の長期固定住宅ローン「フラット35」の適用金利は、主力の借入期間21~35年(融資率9割以下)で2016年8月に過去最低となる0.9%を付けた。足下では7月の同期間の適用金利が1.09%と最低水準は上回っているが、過去の推移で比較すると非常に低金利の水準である。この水準を金利の底であると考える住宅ローン利用者が増加していると言える。

■年収が高くなるにつれて、「変動型」の利用は高まる傾向に

同調査では金利タイプと世帯年収の関係についてのデータも公表している。傾向として、世帯年収が高くなるほど、「変動金利型」、「固定基幹選択型」の選択傾向が強まる結果が示されている。「変動金利型」において、世帯年収800万円以上の世帯が占める割合は35.5%、「固定期間選択型」は33.5%であり、共に「全期間固定型」の31%を上回る結果となった。

「変動型」や「固定期間選択型」の利用者は、金利上昇に伴う返済額増加への対応について、8割程度の人が何らかの対策を考えているという回答をしている。金利変動時の対応を取る資金余力のある層が「変動型」や「固定期間選択型」を選択する傾向にある事が、世帯年収と金利タイプの特徴に表れている可能性がある。

過去に例を見ない低金利環境下にある中で、住宅ローンを借りる際の金利タイプに頭を悩ませる人は多いだろう。同調査は実際に住宅ローンを利用した人の生の声となる。将来の金利見通しを一般目線で知るには貴重なデータである。(ZUU online編集部)

最終更新:7/27(木) 18:00
ZUU online