ここから本文です

起亜自動車の4~6月営業益47.6%減 中国市場の不振響く

7/27(木) 11:30配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国・現代自動車子会社の起亜自動車が27日発表した4~6月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は4040億ウォン(約403億円)で前年同期比47.6%の大幅減となった。

 売上高は13兆5784億ウォンで前年同期比6.0%減、当期純利益は3896億ウォンで同52.8%急減した。

 営業利益率も3.0%と前年同期(5.3%)から2.3ポイント減少し、当期純利益率も2.9%と前年同期(5.7%)の約半分にとどまるなど、収益性が悪化した。

 同社の関係者は「販売減少、ウォン高、インセンティブの増加などの影響で売上高と利益が共に下落した」と述べた。

 起亜自動車の上半期(1~6月)の実績は売上高26兆4223億ウォン、営業利益7868億ウォン、当期純利益1兆1550億ウォンとなり、売上高は前年同期比2.5%、営業利益は44.0%、当期純利益は34.8%それぞれ減少した。営業利益率は3.0%で、前年同期(5.2%)から2.2ポイント下落した。

 半期ベースでは営業利益、営業利益率どちらも国際会計基準(IFRS)導入が義務付けられた2010年以降最低となった。

 上半期のグローバル市場での販売台数は前年比7.6%減の135万6157台だった。

 米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備に反対する中国での販売が3月以降に急減したことが響いた。中国だけで約11万8000台減少しており、中国での実績を除いた場合、販売台数は0.5%の増加となる。

最終更新:7/27(木) 11:33
聯合ニュース