ここから本文です

「Windows 10」とAndroid端末の連係、ビルド16251で一部可能に

7/27(木) 10:45配信

ITmedia NEWS

 米Microsoftは7月26日(現地時間)、Windows Insider ProgramのFast Ringユーザー向けに、「Windows 10」の「Build 16251」の配信を開始したと発表した。このBuildには、9月提供予定の「Fall Creators Update」の新機能が多数含まれる。

【その他の画像】Android側の共有操作手順

 このビルドで、「Build 2017」で予告した携帯端末連係機能のAndroid版が追加された。iPhone版は“間もなく”追加の予定だ。

 Andrdoid端末でのWebブラウジングの続きをPCで引き継げる。こうした機能はWindows版とAndroid版のChromeブラウザで既にできるが、アクションセンター経由で可能になる。

 この機能を使うには、[Setting](設定)→[Phone]を開き、ここでAndroid端末をリンクさせる(リンク方法については具体的説明がないが、電話番号を入力するようだ)。

 リンクさせるとMicrosoftからSMSで「Microsoft Apps」というアプリを端末にインストールするようにというメッセージが届くので、これをインストールする。

 Android端末でWebを見ていて、PCで続きを見たくなったら、ブラウザに表示される共有オプションから設定済みのPCに連係できる。最初に連係する際に、PCと同じMicrosoftアカウントでログインするよう求められる。

 このビルドではこの他、音声AIアシスタント「Cortana」でWeb検索結果をブラウザを開かずに表示する機能や、CortanaでPCを終了させる機能などが追加された。

最終更新:7/27(木) 10:45
ITmedia NEWS