ここから本文です

【Krush】王者・佐々木が防衛戦前にフルーツで絶好調

7/27(木) 21:28配信

イーファイト

 8月6日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.78』で、WKA世界スーパーライト級王者・谷山俊樹(谷山ジム)の挑戦を受けて2度目の防衛戦を行うKrush-63kg王者・佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が、7月27日(木)神奈川県内の所属ジムで公開練習を行った。

【フォト】K-1甲子園王者・平本を破って王座に就いた佐々木

 ミット打ちでは重いミドルキックを中心に快音を響かせた佐々木。「コンディションは絶好調。夏は苦手じゃないし、むしろ好き。夏の方が調子がいいです」と、厳しい暑さも影響はないという。

 朝のランニング後にはスイカで水分補給をすると言い、さらに「バナナと甘酒とプロテインで作る特製バナナジュースも飲んでいて体調がいいです」とフルーツでいいコンディションを維持している。

 今年2月の「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~」では1回戦でウェイ・ルイ(現K-1 WORLD GPライト級王者)にKO負けを喫したが、「代償は大きかったが負けによって気を引き締めて練習が出来ています。意識が変わりました。起きている時はずっと格闘技のことを考えています」とプラスに考えている。

 今回は2度目の防衛戦となるが「特別な意識はない」とし、「再出発という意味で挑みたい。K-1で負けたことはむしろ糧になっていて練習に気合いが入っています。しっかり防衛して次につなげたい」と前向きだ。

 挑戦者・谷山については「オールラウンダーで何でも出来る。相手によって良さが出てくるタイプ。気を抜かずに戦いたい」とし、「ただ勝つだけではなくて次はKOを見せたい。KOすることに重点を置いて練習をしているので、KOの確率が高くなっています」とKO防衛に自信を見せる。

 そして「しっかりベルトを守って、K-1の舞台に失ったものを取り戻しに行きたい」と、防衛戦の先にK-1への再出撃を見据えていた。

最終更新:7/27(木) 21:28
イーファイト