ここから本文です

【クイーンS】アエロリット戦闘モード 見せムチだけで6F80秒5

7/27(木) 6:04配信

デイリースポーツ

 「クイーンS・G3」(30日、札幌)

 2頭のG1馬が参戦し、豪華な顔触れとなった北の女王決定戦。ヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードが26日、ルメールを背に鋭い伸び脚をアピール。ブランクを感じさせない動きで体調の良さを伝えた。一方、NHKマイルCの覇者アエロリットも負けじと、3歳馬らしくハツラツとした走りを披露。両馬ともに仕上げに抜かりはない。

 3歳マイル女王アエロリットが、早くも戦闘モードに突入した。「馬より人の方が息が上がっているよ。引っ張るのが大変なんだもん。(他厩舎の)前の馬に追いついたら、すごい時計が出ちゃうから」と菊沢師は、抜群の手応えに息を切らしながら汗を拭った。

 最終リハは札幌ダート。師自らが手綱を取って、ハロー(馬場整地)明けの真っさらなコースで単走馬なり。直線は見せムチだけで6F80秒5-37秒9-12秒0の好時計。「先週はまだ気持ちがホワッとしていたが、1週前追い切りから自分で動きだした。きょうは気が乗った中で折り合いを確認したかった。十分でしょう。まだ完成ではないけど、バランスが本当に良くなった」と満足そう。

 とはいえ、不安がないわけではない。古馬相手、距離、洋芝、右回りのコーナー4つと初物ずくめの一戦。「力はあるので洋芝は問題ないと思う。でも何でも初めてなんで、どんなレースをするのか興味深い。キャリアも浅いからね。今回はお姉さん方に胸を借りるつもりで」と、あくまでも挑戦者をアピールした。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ