ここから本文です

六本木ヒルズで今年も「バーガーグランプリ」 ピンクのバンズを使ったバーガーも /東京

7/27(木) 12:45配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 六本木ヒルズ(港区六本木6)と同施設周辺の飲食店が現在、「グルメバーガーグランプリ2017」を開催している。(六本木経済新聞)

2年連続でグランプリを獲得している「37 ステーキハウス & バー」の「37 クラシック バーガー」(1,800円)

 2014年に初開催された同イベント。参加店が提供するそれぞれのハンバーガーの中から人気投票を行い、「六本木ヒルズNo1ハンバーガー」を決める。昨年は、「レギュラーメニュー」部門では2年連続で「37 ステーキハウス & バー」の提供メニュー「37 クラシック バーガー」が、「特別限定メニュー」部門では「リゴレット バーアンドグリル」の提供メニュー「BBQ ベーコンエッグバーガー」がそれぞれグランプリに輝いた。期間中には延べ2万人が来場した。

 4回目を迎える今回は全23店舗が参加し、投票結果から「レギュラーメニュー」部門と「特別限定メニュー」部門それぞれでグランプリ、インパクト賞、クリエイティビティ賞を選出する。来場客は各店で注文時に専用の投票用紙を受け取り、「TASTE」「IMPACT」「CREATIVITY」の3項目について5段階で評価する。

 「レギュラーメニュー」部門のエントリー店舗は、「37 ステーキハウス & バー」「ミスターファーマー 六本木」「グランド ハイアット 東京 フィオンレンティーナ」など、また「特別限定メニュー」部門は、「エーエス クラシックス ダイナー」「ゴリラコーヒー」「とんかつ 豚組食堂」など、全部で23店舗が27種類のハンバーガーを提供する。

 担当者の新村吉徳さんは「グルメバーガーグランプリは今年で4回目となる夏の人気投票企画。ピンクのバンズを使ったフォトジェニックバーガーや、A5ランク国産牛やサーロインローストビーフなど高級食材を使用したバーガーなど、トレンドの食材やこの企画のために開発したシェフ渾身(こんしん)のこだわりの一皿が勢ぞろいする」と話す。

 「インスタグラムで『#六本木グルメバーガー』を付けてお気に入りのエントリーバーガー写真と感想をポストすると、六本木ヒルズの買い物券が当たる企画も実施しているので楽しんでほしい」とも。

みんなの経済新聞ネットワーク