ここから本文です

フレデリック、パノパナら4組熱演!初の関西「MASHROOM」盛況のうちに幕

7/27(木) 13:56配信

音楽ナタリー

7月25日に大阪・梅田CLUB QUATTROでライブイベント「MASHROOM WEST」が開催された。

【写真】YAJICO GIRL(撮影:渡邉一生)(他21枚)

「MASHROOM」はMASH A&Rが主催するライブイベントシリーズで、関西での開催は今回が初めて。イベントにはフレデリック、パノラマパナマタウン、昨年開催されたオーディション「MASH FIGHT! Vol.5」でグランプリを獲得したSaucy DogとYAJICO GIRLの計4組が登場した。また転換中には出演者たちと同じくMASH A&R所属のTHE ORAL CIGARETTESの山中拓也(Vo, G)、LAMP IN TERRENの松本大(Vo, G)による場内アナウンスが流れ、集まったオーディエンスを楽しませた。

イベントのトップバッターを務めたYAJICO GIRLは、ステージに姿を現すと同時に「黒い海」でライブを開始。続くグルーヴィな「Casablanca」の演奏で場内の熱気を高めていく。MCでは四方颯人(Vo)が「僕らはまだ、今のところはそれほど活躍できていないです。でも、いずれめちゃくちゃいいバンドになるので見ていてほしいです」と語る一幕も見られた。彼らは最後にリズミカルでキャッチーな「いえろう」「サラバ」を届けてアクトを終えた。

Saucy Dogは「煙」「ロケット」「ナイトクロージング」といったナンバーを高いテンションで演奏。石原慎也(Vo, G)の「別れの曲をやります。何も飾らない、そのまんまのあなたが見たい。今まで弱かった自分にグッバイ」というMCから披露された「グッバイ」では、石原の感傷的な歌声が会場いっぱいに響きわたった。活動拠点を大阪から東京へ移すことを発表した彼らは、「またいつか会えますように」という言葉と共に「いつか」をプレイしてステージを去った。

続いて登場したパノラマパナマタウンが「世界最後になる歌は」をプレイすると、フロアからは合唱が沸き起こった。「パノラマパナマタウンのテーマ」「MOMO」の演奏を経て、岩渕想太(Vo, G)は「やりたいことをやった人だけがうまくいく。絶対成功すると思ってます。やりたいことやってシーン変えてやるから、ついてこい」と観客に力強く語りかける。彼らはアッパチューン「リバティーリバティー」を迫力ある演奏で届け、観客を揺らした。

この日のトリを飾ったフレデリックは「峠の幽霊」「SPAM生活」と初期のナンバーを続けて披露。三原健司(Vo, G)が「音楽で勝負しに来ました」「格の違いを見せてやろうぜ」と宣言したあと、彼らは「オドループ」「オワラセナイト」を投下して会場の盛り上がりを最高潮へと導いた。三原健司の「今日披露した曲はすべてMASH A&Rとフレデリックが歩んできた道です。そして次にやるのが、高橋武(Dr)も加えた4人で歩んでいける新しい曲です」というMCから披露されたのは、新曲「かなしいうれしい」。客席から多くの拳が上がる中、三原健司は「俺たちの伝えたいことは全部音楽に詰め込んでます」と言葉を残しライブ本編の幕を閉じた。

アンコールを受けフレデリックは再びステージへ。三原健司は「MASH FIGHT」でフレデリックが特別賞を受賞してからの5年間について、そして後輩バンドへの感謝やエールを口にする。その後4人はラストに「オンリーワンダー」をプレイ。演奏の途中からはこの日出演したバンドの全メンバーがステージに加わり、解放的な雰囲気の中イベントはフィナーレを迎えた。

最終更新:7/27(木) 13:56
音楽ナタリー