ここから本文です

【鈴鹿8耐】2017年大会が開幕、初日特別スポーツ走行はヤマハファクトリーがトップ

7/27(木) 20:30配信

レスポンス

三重県の鈴鹿サーキットで27日、「2017“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会」が開幕。初日の走行セッションはNo.21YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ローズ/マイケル・ファン・デル・マーク)がトップタイムを記録した。

[関連写真]

40回目を迎える記念の1戦となる鈴鹿8耐。場内各所には往年のバイクを始め、記念グッズが用意され、各メーカーのPRブースも続々と出来上がっており、1年に一度の真夏の祭典の準備が進められていた。

コース上では、今日から走行セッションが始まり、13時50分からと16時00分から2回にわたって1時間ずつの特別スポーツ走行が実施された。

当初は今日から雨模様になるという天気予報が出ていたが、曇り空の中ドライコンディションでセッションがスタート。各チームとも、明日からの予選に向けての最終調整のため積極的に周回を重ねていた。

この日のトップタイムは3連覇を狙うNo.21YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ローズ/マイケル・ファン・デル・マーク)で2分07秒540を1回目のセッションでいきなり記録。今年もヤマハ勢有利かと思われたが、2回目のセッションではジャック・ミラー、中上貴晶などMotoGP、Moto2で活躍するライダーを擁するMuSASHi RT HARC PRO.Hondaが2分07秒756を叩き出し、王者に肉薄。今年は新型のホンダ『CBR1000RR SP2』を導入し、着実にパフォーマンスを上げてきているだけに、明日の予選もヤマハ勢に対してどんなタイムを記録してくるのか、非常に楽しみなところだ。

また総合3番手にはNo.12ヨシムラスズキMOTULレーシング(津田拓也/シルバン・ギュントーリ/ジョシュ・ブルックス)が続いた。

明日は午前と午後に公式予選が行われ、ポールポジションは29日(土)のトップ10トライアルで決定。決勝レースは30日(日)11時30分からスタートする。


《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:7/30(日) 21:44
レスポンス