ここから本文です

不正投票によるシステム障害で、日本女子プロ野球オールスター戦ファン投票が中止に

7/27(木) 13:35配信

ねとらぼ

 日本女子プロ野球リーグが、「オールスターゲーム2017」の選抜チームを決定するファン投票で、不正投票などを原因とするシステム障害が発生したことを発表。投票を取り止め、今シーズンの実績などから出場選手を決めることを明らかにしました。

【画像】昨年の膨大な無効票

 日本女子プロ野球リーグによると、同リーグは、女子硬式野球部の競技環境が男子に比べて恵まれておらず、「野球に専念し、生活できる場」がなかったことから誕生。2009年にドラフト会議などを実施したのち、翌年、初めてのリーグ戦が行われました。2015年のオールスターゲームでは、出場選手を決めるファン投票に26万を超える票が投じられており、発足から10年足らずで高い人気を獲得していることが伺えます。

 わかさスタジアム京都(京都府京都市)で開催される今年のオールスターゲームでも、7月21日からファン投票がスタートしました。しかし、25日、不正投票によるアクセス集中などから、システム障害が発生。いったんは「一時停止」とされたものの、再開が困難なことから企画中止が発表されました。

 なお、総票数20万超を記録した2016年開催でも、投票開始から約20日経過時点で5万7000にのぼる無効票が発生していたことが明らかにされています。「各部門1日1回」までとされていたものの、そのルールを守らない投票が相次いでいたもよう。

最終更新:7/27(木) 13:35
ねとらぼ