ここから本文です

iPhoneプレミアムモデルは10〜11月発売か

7/27(木) 13:59配信

ITmedia NEWS

 MACお宝鑑定団では、9月に発売されるのはA11チップ&Qi互換のiPhone 7sおよびiPhone 7s Plusモデルのみの可能性があると予測したが、新たな情報が分かった。

【「iPhone 8」に搭載されているセンサーの位置を示す画像】

 その後にアジアの様々なサプライヤーやアクセサリーメーカーなどから得られた情報によると、プレミアムモデルのiPhone Editionは同時に発表されるかもしれないが、発売は2018年度第1四半期(2017年10月〜12月)前半の可能性があり、初期の販売台数は限られる可能性が高そうだ。

 フロントフレームは黒のみで、白が確認出来ないことからカラーバリエーションが少ない可能性がある。

 台湾サプライヤーの情報によると、純正ケースの側面側ボタンに穴がないことから、サイドボタン側にTouch IDが搭載されている可能性は低く、前面有機EL全体で使用出来るTouch IDが搭載されている可能性も低そうだ。

 KGI Securitiesのアナリストであるミンチー・クオ(郭明錤)氏が予想するように、虹彩認証と3次元顔認証を組み合わせた「Face ID」が搭載されている可能性が高そうだ。

 iPhoneを手前に傾けてスリープ解除したあと、自然にロックが解除されると考えられる。

 これらのセンサーは、通常の状態では見えないが、アクセサリーメーカーは対応する必要がありそうだ。

 Alibaba.comで販売されているiPhone 8 Screen Protectorを確認してみると、iPhone EditionのFaceTime HDカメラは右側に移動している可能性が高そうだ。

 iPhone Edition、iPhone 7s、iPhone 7s Plusが背面ガラスを採用するのは、Appleが参加した「Qi」との互換性を持つワイヤレス充電に対応するためと考えられる。

 Alibaba.comのアクセサリーメーカーは、イベント開催日は2017年9月7日〜9日で、iPhone 7s、iPhone 7s Plusの発売日を2017年9月17日と話しているが、これまで日曜日に発売されたことはないので信憑性は低いかもしれない。
[MACお宝鑑定団]

最終更新:7/27(木) 13:59
ITmedia NEWS