ここから本文です

HKT「フレッシュメンバーで博多座公演」をサプライズ発表

7/27(木) 21:20配信

東スポWeb

 人気アイドルグループ・HKT48が27日、福岡・パピヨン24ガスホールで「HKT48フレッシュメンバーイベント ~私たち、こんなに大きくなったっちゃん!~」の昼夜公演を開催した。

 昨夏のHKTツアーで、指原莉乃(24)、宮脇咲良(19)ら中心メンバーが不在の中、矢吹奈子(16)、田中美久(15)など平均年齢16歳のフレッシュメンバーのみが出演する公演を昨年7月27、28日にそれぞれ高知県と鳥取県で開催。その際に「1年後にフレッシュメンバーでイベントを開催する」という誓約を立て、今回のイベントで実現した。

 昼公演の幕が開くと、昨夏のコンサート映像が流れ、フレッシュメンバー全24人がステージと客席各所に登場。「青春ガールズ」からスタート。続いて「HKT48」、「スキ!スキ!スキップ!」などアップテンポナンバーを続けて披露した。

 2期生の田島芽瑠(17)は「今日のイベントは、昨年のコンサートからどれだけ私たちが成長したのか、皆さんに見つけていただくイベントです。私たちの成長を感じていただけていますか?」と呼びかけると、会場からは大きな拍手が沸き起こった。

 MCで自身の成長した点に話が及ぶと、松岡はな(17)は「初めてのセンターを発表されたのが1年前。そのころはまだ自信がなかったけれど、今年はセンター2作目まで来ました。今は、自信を持ってステージに立つことができています!」と満面の笑みで報告。その松岡がセンターを務める8月2日発売の10thシングル「キスは待つしかないのでしょうか?」、4期生が歌うカップリング曲の「さくらんぼを結べるか?」をライブで初披露した。

 松岡は「コンサートで(今回の新曲を)やったのは初めてで、皆さんの前で(曲中の)セリフを言うところがものすごく緊張しました。皆さん聞いてくださいね!」とアピールした。

 また、夜公演のアンコールでは、今回のフレッシュメンバーで9月22、23日に福岡・博多座でコンサートを行うことをサプライズ発表した。

 九州最大級の劇場・博多座でのコンサートに、松岡は「意外とすぐですね…」と戸惑いながらも、「ファンの皆さんのおかげです! ありがとうございます!」と喜びを隠せない様子だった。

最終更新:7/27(木) 21:20
東スポWeb