ここから本文です

ダルビッシュ、自己最悪10失点で9敗目 3年ぶり対決のイチローには適時二塁打浴びる

7/27(木) 13:25配信

デイリースポーツ

 「レンジャーズ10-22マーリンズ」(26日、アーリントン)

 レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)はマーリンズ戦に先発し、初回に2本塁打を許すなど四回途中9安打、自己ワーストの10失点で9敗目(6勝)を喫した。2四球、5三振、71球。14年7月28日以来、3年ぶりの対決となったイチロー外野手(43)には2打数1安打1打点だった。

 マウンド上で腰に手を当て表情を曇らせたのは初回だ。先頭ゴードンに対し、投じた初球148キロ速球を右翼席へ運ばれた。続く主砲のスタントンを空振り三振に仕留めたが、3番イエリチには2ボールからの3球目151キロフォーシームを中越え本塁打。いきなり2点を失った。

 二回は2三振を含む三者凡退。三回は四球で走者を背負いながらも無失点で切り抜け、立ち直ったかに見えたが、四回に大きく崩れた。

 先頭のオズナに左越え二塁打、リアルミュートに左前打を許して無死一、三塁とされると、二回の打席で遊ゴロに打ち取っているイチローには右中間を深々と破る適時二塁打。続くディートリックにも2点適時打、2死からスタントンに適時中前打、さらに四球を挟んで2死満塁となった後、オズナに走者一掃の三塁打を浴びたところでバニスター監督がベンチから飛び出し、交代を告げられた。

 打者10人に7長短打の猛攻を受けて失点。今月末のトレード期限を前にして移籍のうわさが絶えない中、自己最悪のマウンドとなった。