ここから本文です

文大統領 夏の災害対策は「青瓦台が司令塔に」

7/27(木) 18:47配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日の首席秘書官・補佐官会議で、近ごろ頻発している集中豪雨など夏の災害・事故への対策を点検した上で「重大災難・災害のコントロールタワーは青瓦台(大統領府)だとの姿勢で臨まなければならない」と述べた。政府の組織改編による災難・安全組織や青瓦台の対応体系などに関する報告を受けての発言。青瓦台の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官が伝えた。

 文大統領は「一般的な災難・災害と重大な災難・災害を区分する基準を作り、一般的な災難・災害の場合は首相と行政安全部長官がコントロールタワーの役割をするが、この場合でも青瓦台がサポートしなければならない」と説き、政府の組織改編が落ち着くまでの災害対策は青瓦台が特別非常勤務体制を取って臨むよう指示した。

 文大統領は前回の北朝鮮の弾道ミサイル発射の際にも迅速に状況の報告を受けたとして、災害・災難に関する全ての状況を速やかに青瓦台の危機管理センターに伝えるよう呼びかけた。

 この日の会議では▼政府レベルでの特別対策を通じた夏季の災害予防▼集中豪雨対策の不備を補完し、対応態勢を強化▼国家危機管理センターを強化し、統計・ビッグデータの分析を通じ時期別の頻発災害を選定、集中管理する――など、青瓦台が災害管理のコントロールタワーの役割を遂行するための体系を補完することを決めた。

 また、安全に関連した政府の組織改編による対応体系を点検するほか、青瓦台・行政安全部・消防庁・海洋警察庁の間で状況を共有し、報告体系と対応体系を早期に整備して統合対応のシステムを構築することにした。

最終更新:7/27(木) 18:47
聯合ニュース