ここから本文です

原宿に一口パン&コーヒー限定店 タピオカ粉入り「ぽんで」アピール図る /東京

7/27(木) 23:37配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 原宿・表参道沿いの手作りキャンディーショップ「CANDY SHOW TIME表参道本店」(渋谷区神宮前6)内に7月29日・30日、一口パンとコーヒー店「ぽんでCOFFEE」が限定オープンする。(シブヤ経済新聞)

タピオカ粉を使った一口パン「ぽんで」のイメージ

 「リグロ」(豊島区)が昨年池袋にオープンした「ぽんでCOFFEE」のポップアップショップとなる同店で、タピオカ粉を使ったオリジナルの一口パン「ぽんで」の認知度向上を図る。

 同社は、表参道エリアを「流行や文化の発信地」と位置付け、「フォトジェニックな商品」であること、中心客層(F1層=20歳~34歳の女性)が似ていることなど、「CANDY SHOW TIME」と共通点があり、シナジー効果が見込まれると判断して展開を決めたという。

 メニューは、「ぽんで」(3個入り270円~)をはじめ、「ぽんで」生地にエビアボカドやチョコバナナなどを挟んだ「ホットサンド」(500円~)、コーヒーやマンゴーなどのゼリーの上にミルクを注いだドリンク「ミルクオンゼリー」(550円)など。ポップアップショップ限定で、グリーンアップルやラムレーズンなどのフローズンドリンク(600円)も用意する。

 営業時間は11時~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク