ここから本文です

北野武「アウトレイジ」3部作すべて世界三大映画祭に出品

7/27(木) 20:55配信

お笑いナタリー

北野武が監督し、ビートたけしとして主演も務める映画「アウトレイジ 最終章」が、イタリア現地時間8月30日より開催される「第74回ヴェネツィア国際映画祭」のクロージング作品に決定した。映画祭最終日である9月9日の授賞式後、世界最速上映される。

【写真】「アウトレイジ 最終章」ポスタービジュアル(他8枚)

「アウトレイジ」シリーズは、第1作「アウトレイジ」が「第63回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門にて、第2作「アウトレイジ ビヨンド」が「第69回ヴェネツィア国際映画祭」コンペティション部門にて上映されており、3部作すべてが世界三大映画祭に出品される快挙を果たすことに。このたびの決定について、たけしは「クロージング作品として『アウトレイジ』シリーズの最終章とはまさにぴったり、願ったり叶ったりだね。いつものことながら観客の反応が楽しみだな」とコメントを発表した。なお「ヴェネツィア国際映画祭」において、たけしは過去に「HANA-BI」で最高賞に当たる金獅子賞、「座頭市」で監督賞を受賞している。

「アウトレイジ 最終章」は10月7日(土)に全国公開される。



(c)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

最終更新:7/27(木) 20:55
お笑いナタリー