ここから本文です

阪神・大山が四球と思って勘違い “打ち直し”て見逃し三振

7/27(木) 18:37配信

デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(27日、甲子園球場)

 阪神の大山悠輔内野手が、“珍プレー”で球場をどよめかせた。

 1点を先制された直後の一回。「3番・左翼」で先発出場したルーキーは、1死二塁で打席に入った。

 しっかりとボールを選び、カウントは2ボール2ストライクとなる。すると5球目。DeNA先発・石田が投じた外角の変化球を見極めカウント3ボール2ストライクとなる。

 しかし、大山は手にはめていた手袋を外そうとしながら一塁へ歩こうとする。もちろん審判に止められ再び打席へ。1点を追う緊張感のある場面だったが、ルーキーの取った“おちゃめ”な行動に、球場はどよめき、笑いがこぼれた。

 打席に戻りプレー再開。すると内角一杯に直球が決まり、見逃し三振に倒れた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 16:20