ここから本文です

NECOKICKS、活動休止前ラスト公演で熱演「俺たちを見つけてくれてありがとう」

7/27(木) 21:16配信

音楽ナタリー

NECOKICKSが7月21日に東京・UNITにてライブツアー「グッドリダンスツアー」の最終公演を行った。

【写真】INKYMAP(撮影:白石達也)(他23枚)

このツアーをもって活動休止することをアナウンスしていたNECOKICKS。活動休止前最後のライブとなったこの日は、ツアーファイナルとしてINKYMAPとのツーマンライブが行われた。

INKYMAPは「上げていくぞ!」「皆さん、笑っていきましょう!」と場内に声をかけながら「Saturation」「Shine」といった骨太なロックチューンを畳みかけていく。MCではKazuma Fukazawa(Vo, G)が「ツーマンライブだから平等にいきたいのに、オマケを付けてきて、迷惑なヤツらだ」と言ってはみるものの「NECOKICKSとツーマンライブができるのがうれしくて昨日は眠れなかった」とNECOKICKSに対してあふれんばかりの愛情を口にする。そしてバンドはKazumaによる「仲間の歌」との前置きから「Recollection」をエモーショナルにプレイした。さらにKazumaは「一旦、一旦ね、お疲れ様でした」と労いの言葉をかけ、「長い休みを経てできるNECOKICKSの新しい音楽が楽しみで仕方ないです」とエールを送る。さらに観客に向けて「復活のツーマンライブ、楽しみにしててください」と約束をして、NECOKICKSへバトンを渡した。

NECOKICKSの4人は向かい合い、呼吸をあわせて一斉に音を鳴らす。その音に負けじとTAKUMI(Vo, G)が「今日が終わったらしばらくここに立てなくなるし、しばらくみんなに会えなくなるんだけど、そんなこと考えてもしょうがないからさ、4人で一番デカい音出しにきました!」と声を張り上げ、バンドは「弾丸ライナー」「ボーイズビー」とアップテンポなナンバーを次々と投下。さらにTAKUMIが「今日はスペシャルな姿を見せようとか思ってなくて、ありのままのNECOKICKSを見てもらえたら」とこの日の意気込みを語り、バンドはダンスチューン「ワンダーワンダー」、そろいの振り付けで場内の一体感が増した「Sunny day」、KO-Ki(Dr)とYU-TA(B, Cho)が繰り出す跳ねるリズムが印象的な「シュガー」といったポップな楽曲を届け、場内を明るいムードで満たしていった。

盛大なシンガロングが広がった「Days of summer」ののち、TAKUMIはそれまでのハイテンションを落ち着けると「いつも曲を作るときにいろんなことを考えるくせがあるんだけど、この曲は自然と自分の中から生まれてきてくれた曲。これからのみんなのため、これからの俺のために歌います」と真摯に述べる。そしてバンドは活動休止前ラストの作品であるシングル「ハルノライト」の表題曲を披露した。続けてスポットライトが当たったTAKUMIがイントロのアルペジオを弾いてバンドは「かぞくのうた」へ。と思いきや、TAKUMIがギターを間違えてやり直しすることに。それまでのシリアスな空気がゆるみ、会場には彼らのライブらしい和やかな雰囲気が広がった。

後半、TAKUMIのMCもエモーショナルになっていく。「STORY」の演奏前に彼は「バンドを始めて10年、このバンドを6年間やってきました。『いいことも悪いことも……』って言いたかったんだけど、いいことばっかりだった。マジで楽しかった」とこれまでを回想。さらに「今日が終わりじゃなくて始まりになりますように」と願いを口にした。また「1秒先の未来」の曲中には「NECOKICKSを、俺たち4人を見つけてくれてありがとう!」とシャウト。ラストソング「遠い空の向こう」では歌い始めから大合唱が発生し、場内は感動的なムードに包まれた。

アンコールではメンバーが全員が心境を述べることに。KO-Kiは「休んでる間に皆さんの背中を見るつもりでいます。みんなの背中を見させてもらって、また復活できる日までがんばろうと思ってます」、YU-TAは「このツアーが始まる前は『どういうライブをすればいいんだろう』って正直不安だったけど、ライブやってみたら『やっぱり音楽って楽しいなあ』って思った。だからそんなに悲しい顔しないでください」、HARA-KUN(G, Cho)は「おかげさまで楽しかったです!」とそれぞれファンへメッセージを送る。TAKUMIは「こういう性格でへらへらしちゃうんだけど、打ち上げ終わって家帰ったときにみんなのこと思い出すと思います。いつも曲を作るときもライブをするときもみんなの顔を想像してやってました。すごく僕らはみんなにパワーをもらってました。これからまたどこかで会えたらいいなと思ってます」と語ったのちに「何言えばいいかわかんねえや、俺たちらしく元気よく歌って帰ろうと思います」と言い、バンドは「世界を征服してやるんだ」でライブを再開させた。

演奏後、TAKUMIは「本当はもっと言いたいこと、言わなきゃいけないこと、伝えなきゃいけないことがいっぱいあった。でもマジで言葉にできない。まずNECOKICKSを見つけてくれて、好きになってくれて、ライブに来てくれて本当にありがとうございます」と改めて感謝の言葉を伝えたのち、「でも違うんだよな、そういうきれいなこと言いたいわけじゃないな。でも今は何を言っても無駄だから、俺たちNECOKICKSの6年間の気持ちをあと1曲に全部込めて歌って帰りたいと思います。全部全部受け取って帰ってください。俺たちのことを見つけてくれてありがとう。本当に本当にありがとう」と言葉を重ねると、4人はより一層激しく動き回りながら「1R」をプレイする。最後の間奏ではTAKUMIがさらに感極まり、声を震わせながら声を張り上げる。彼は「俺らいろんな人に迷惑かけてるし、ありがとうって伝えきれてないんだよ、まだまだ。みんなにちゃんと届くかが心配で。このままじゃ終われないと思ってる。だからあと30秒くらい、がっつりこの4人で全部届けたいと思ってます。みんなにもそう、一緒に走ってくれたスタッフにも家族や友達にも、全力でぶつけさせてください」と涙を拭うと、続きを叫ぶように力いっぱい歌唱し、活動休止前最後のライブの幕を下ろした。

NECOKICKS「グッドリダンスツアー」
2017年7月21日 UNIT セットリスト
INKYMAP
01. Saturation
02. Shine
03. Time Loop Stories
04. New World
05. Recollection
06. Escape
07. Rainy Day
08. Take The Lead

NECOKICKS
01. 弾丸ライナー
02. ボーイズビー
03. empty empty empty
04. ワンダーワンダー
05. いっせいのせ
06. Sunny day
07. シュガー
08. 食う、寝る、君がいる
09. 右往左往
10. Days of summer
11. ハルノライト
12. かぞくのうた
13. ブルーオレンジ
14. STORY
15. REMEMBER
16. 1秒先の未来
17. 遠い空の向こう
<アンコール>
18. 世界を征服してやるんだ
19. 1R

最終更新:7/27(木) 21:16
音楽ナタリー