ここから本文です

萩野公介「悔しい」銀メダル 瀬戸は5位 200m個人メドレー

7/28(金) 0:51配信

デイリースポーツ

 「競泳・世界選手権」(27日、ブダペスト)

 男子200メートル個人メドレー決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪同種目銀メダルの萩野公介(22)=ブリヂストン=が1分56秒01で銀メダルを獲得した。米国のチェイス・カリシュが1分55秒56で優勝し、瀬戸大也(23)=ANA=は1分56秒97で5位だった。

 萩野は2種目目の背泳ぎまではトップに立ったが、3種目目の平泳ぎからカリシュにリードされた。ゴール後は「力不足で、悔しいです。まだ残り種目はあるし頑張ります」と前を向いた。最終日の30日に行われる400メートル個人メドレーで雪辱を目指す。

 瀬戸「(萩野と)お互い力んだ感じになった。また(準決勝から)タイムを落としてしまった。決勝でいいパフォーマンスをするのは難しい。中2日空くが、しっかり最終日に、チェイスに逃げ切られないように(萩野と)2人で頑張りたい。なんとか3連覇したい」