ここから本文です

【札幌】仙台DF石川獲り!10年主将に2度目のオファー 

7/28(金) 5:04配信

スポーツ報知

 J1北海道コンサドーレ札幌が、J1仙台のDF石川直樹(31)の獲得に乗り出していることが27日、分かった。複数の関係者が明らかにしたもので、既に完全移籍でのオファーを出しており、交渉は大詰めに入っている。関係者によれば、石川自身は札幌からかかった声に好意的な姿勢を示しており、月内に正式契約へ至る方向だ。

 現在、札幌はリーグ戦で15位と、残留圏ギリギリの所にいる。既に元イングランド代表FWジェイ(35)とタイ代表MFチャナティップ(23)を獲得し戦力アップを図ってきたが、更なる増強へ、21日からの選手登録期間に日本人選手を獲るべく、準備を進めてきた。現場とフロントが様々な位置を模索する中、センターバックとサイドバックができる選手をリストアップ。複数の候補から最終的に石川に狙いを定め、正式オファーを出した。

 大きな利点も、石川に白羽の矢を立てた理由となった。2009年7月、当時J2の札幌にJ1柏から期限付き移籍で加入した。すぐに定位置をつかみ、優れた人格から、翌10年には主将も務めた。1年半で計51試合に出場と、札幌を知る点もプラスになると判断し、2度目のオファーを出した。

 5月24日のルヴァン杯では、札幌相手にヘッドで決勝点を挙げた。その試合後、「札幌ドームの雰囲気が好き。一緒にプレーした宮沢や石井、上原と対戦できて楽しかった」と口にしていた。愛着ある札幌で石川が再び輝きを放つ日が、間もなく始まる事になる。

 ◆石川 直樹(いしかわ・なおき)1985年9月13日生まれ、千葉・柏市出身。柏ユースから2004年、トップ昇格。09年7月にJ2札幌へ期限付き移籍し、2011年、J1新潟へ完全移籍。13年にJ1仙台へ完全移籍した。J1通算223試合出場10得点、J2通算66試合出場3得点。180センチ、73キロ。左利き。家族はタレントの茜ゆりか夫人(30)と2歳の長男。

最終更新:7/28(金) 5:04
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合