ここから本文です

橋本健市議、不倫疑惑釈明「困惑しています」

7/28(金) 6:13配信

スポーツ報知

 自民党の今井絵理子参院議員(33)=比例代表=は27日、この日発売の週刊新潮で不倫疑惑を報じられたことを受け「心から反省しております」などと党本部で述べた。その後、ファクスでコメントを発表。交際相手と報じられた神戸市議会の橋本健市議(37)=自民=は離婚協議中の妻がいるとされるが、「略奪不倫ではない」と否定。交際を申し込まれたが、離婚協議中だったため、「けじめをつけてから」と断ったという。今井氏は人気ユニット「SPEED」の元メンバーで、2016年参院選に立候補し、初当選した。

 今井氏との不倫疑惑が報じられた橋本氏はこの日夜、神戸市内で取材に応じ「多くの人に迷惑と心配をかけた」と述べた。その上で、交際を申し込んだ6月末より以前から妻との離婚協議を始めたとし「恋愛は認められると認識していた。不倫や略奪という(週刊誌の)タイトルには困惑しています」と釈明した。記事にある2泊以外にも「宿泊という言葉は適切ではないが、夜通し一緒にいたことはあります」と説明した。

 橋本氏は昨年6月の参院選公示直前、選挙活動中だった今井氏との対談を盛り込んだ市政報告約2万部を政務活動費で作成し、支持者らに配布していた。橋本氏が所属する自民党会派や市議会事務局への取材で判明した。会派は26日、印刷代など約30万円を返還する手続きをした。

 橋本市議は神戸市内で歯科医院の院長を務めており、2007年に神戸市議に初当選している。

最終更新:7/28(金) 10:38
スポーツ報知