ここから本文です

阪急梅田駅の切符の「田」は、なぜ口にバツなのか

7/27(木) 16:35配信

投信1

阪急梅田駅の「田」の字は「田」ではない

今や電車などの乗り降りにはICカードを使う場合が多い時代ですが、阪急電鉄のターミナル駅である梅田駅で切符を買うと“アレッ”と思われるかもしれません。関西では有名な話ですが、阪急電鉄の切符では梅田の「田」は口に十ではなく、口にバツ(×)なのです。

これは決してプリントミスではなく、歴史的な理由があるようです。改めて阪急梅田駅の田の謎を解き明かしてみましょう。

口にバツは切符全盛期の名残り

阪急梅田駅は私鉄では西日本一と言われるターミナル駅です。阪急電鉄の主要路線はほとんどが梅田駅を基点としているため、梅田駅の乗降客は膨大な人数になります(阪急電鉄によると2015年の平日の平均乗降人数は約55万人)。

現在は改札でICカードをかざしてピピッと鳴れば改札口を通ることができますが、その昔は駅員さんが切符を一枚一枚確認していました。しかし、大量の切符を確認するのは大変な作業であるうえに、阪急電鉄には独特の問題がありました。それは「田」の付く駅名が梅田以外にも多数存在していたことです。

・ 神戸線→園田
・ 宝塚線→池田
・ 京都線→富田
・ 千里線→吹田、山田

このように、梅田以外にも「田」の付く駅が5駅あります。特に宝塚線の池田、京都線の吹田は乗降客が多い駅でもあり、駅員が梅田とその他の「田」の付く駅の切符を見間違えないようにするのは、阪急電鉄としても非常に重要な経営課題となりました。

そこで考え出されたのが、梅田の「田」を口にバツにするというアイデアです。改札の駅員は、梅田独特の田さえ確認することができれば、見間違いは大幅に少なくなります。駅員の負担も減ってミスも少なくなり一挙両得! ということでこの方式が採用され、現在に至っているようです。

ICカード全盛の現在では思いもよらない理由ですが、その昔、駅員さんが改札で切符にカチカチ穴を開けていた時代を覚えている方なら、なるほど、と思うのではないでしょうか。ラッシュ時の駅員さん、本当に大変そうでしたから。

余談ですが、この阪急梅田駅の切符、一部では「ウメキョウ」と呼ばれることがあります。なぜかと言うと、田を口にバツとしたことで「凶」の字に似て見えるから。ただ、関西でもこれはそれほどメジャーな呼び方ではなく、一部マニアの間で使われているようです。

1/2ページ

最終更新:8/24(木) 18:55
投信1