ここから本文です

夏にクールな氷アート 彫刻師が実演

7/27(木) 8:01配信

岐阜新聞Web

 岐阜県垂井町垂井の複合施設「タルイピアセンター」で納涼夏まつりが開かれ、涼しげな氷の彫刻のパフォーマンスが来館者を楽しませた。
 町教育委員会が主催。氷の彫刻は2回目。東海地方の氷の彫刻師でつくる「中部氷彫会」に所属する和田健さん(45)=愛知県尾張旭市=が披露した。
 和田さんは、チェーンソーとドリルを巧みに使って重さ約270キロの氷塊を削り、高さ1・5メートルのイルカを35分ほどで仕上げた。観客は、完成した作品を手でなでたり、じっくり眺めて写真に収めたりしていた。
 垂井西保育園の園児(4)は「削った時の氷が飛んできて冷たかった」とうれしそうに話していた。

岐阜新聞社

最終更新:7/27(木) 8:01
岐阜新聞Web