ここから本文です

瀬戸大也が200メートルバタフライで銅メダル獲得 坂井は6位入賞【世界水泳】

7/27(木) 1:34配信

AbemaTIMES

 水泳の世界選手権(ハンガリー・ブダペスト)は27日、男子200メートルバタフライの決勝が行われ、瀬戸大也(ANA)が1分54秒21で銅メダルを獲得した。リオ五輪銀メダリストの坂井聖人(早大)は1分55秒04で6位だった。

 男子200メートル個人メドレー準決勝に登場した日本のエース萩野公介(ブリヂストン)はスタートからゴールまで終始リードする展開で、最後流しながらも1分56秒04の全体2位で決勝進出。200メートルバタフライで銅メダルを獲得したばかりの瀬戸大也も1分56秒92と自己ベストに迫る泳ぎで全体5位で決勝進出を果たした。

 女子200メートルバタフライ準決勝には女子高生コンビが登場。長谷川涼香(東京ドーム)は2分7秒01の全体4位で決勝進出を果たしたが、牧野紘子(東京ドーム)は2分7秒95の全体10位で敗退し、そろっての決勝進出はならなかった。

 男子100メートル自由形の準決勝では塩浦慎理(イトマン東進)が48秒54の11位で準決勝敗退。同種目で61年ぶりの世界大会での決勝進出を逃した。

最終更新:7/27(木) 2:59
AbemaTIMES