ここから本文です

米津玄師【RESCUE】かつての孤独な少年による、かつての孤独な少年のための“救いの手”

7/27(木) 13:07配信

Billboard Japan

 和英辞書で「助ける」と引くといくつかの単語が出てくるが、まず最初に思い浮かべるのは「help」か「rescue」ではないだろうか。日本語では分かりにくいが、この2つには大きな違いがある。簡単に言えば「help」は「手伝う」といった軽いニュアンス。一方の「rescue」はそれよりも差し迫った状況下、危機や困難にあることを暗示し、組織的な動きを意味することが多いという。

 2017年7月15日、米津玄師が自身初となるホールワンマン2DAYSの最終公演を東京国際フォーラム ホールAで開催した。タイトルは【RESCUE】。米津と言えば、最新曲「ピースサイン」のMVが公開からわずか24時間でYouTubeの再生回数100万回を突破し、7月3日付のBillboard JAPAN HOT100チャート、HotAnimationチャートでは1位を獲得するなど、今最も勢いに乗っているアーティストの一人である。その作品に救われている人は多い。だがどうだろう。今回の「RESCUE」に関しては、彼自身もまた救助の対象であったように思えるのだ。

かつての孤独な少年による“救いの手”

 合計約10,000枚のチケットは即日完売し、最終日も約5,000人が会場に詰めかけた。開演時間になると、The XX「A Violent Noise」のSEでバンドメンバーと米津が登場。歓声とピンク色の光に包まれる中、ライブはシンセサイザーのフレーズが特徴的な「ナンバーナイン」からスタートした。ステージには4つの四角いステップがダイヤ型に置かれており、中心手前の米津から時計回りに、須藤優(b)、堀正輝(dr)、中島宏(g)という位置。なお、このお立ち台の縁にはライトが仕込まれており、ダンサンブルなナンバー「メランコリーキッチン」では、米津の得意とするトリッキーなリズムに合わせて明滅したのだが、こういった演出が多く見られたのも【RESCUE】の特徴となった。

 ステージ背後や上部にはスクリーンも設置されており、「どーも、米津玄師です! 今日はよろしく!」という挨拶のあと、夢幻に迷い込んだような怪しさの香る「Black Sheep」ではノイズや煙といった抽象的なムービーが流れ、米津がボカロPとして活動する際に用いるハチ名義で発表した【初音ミク「マジカルミライ 2017」】のテーマソング「砂の惑星」では初音ミクも登場。テレビ朝日系『報道ステーション』のオープニング映像でも知られる加藤隆が手がけたアニメーションも、いくつかの楽曲で強い存在感を放つことになる。

 米津の楽曲は音や言葉の数が多く、打ち込みも頻繁に使用されるため、ライブでの再現が難しい。だが、だからこそ彼が信頼を寄せるメンバーの演奏力、そしてその歌唱力をもって生音としてかき鳴らされたとき、何十回、何百回と聴いた楽曲でもまた違った温かみを持つのである。ストリングスも導入されている「orion」などバラードの深みも増すが、特にこの演奏時には照明が落ちると同時にスクリーンに無数の星が投影され、会場がプラネタリウムのような空間となったため、息を呑んだ人も多かった。最後のサビ部分ではミラーボールが回転。先ほどまで平面上にあった星が360度に飛び散り、観客は見事宇宙に放り出されることとなった。

 そして「まだまだいけますか? どうぞよろしく!」の一声からは、ボーカロイドではない自身初の作品である「ゴーゴー幽霊船」をはじめ、最近ではライブでも絶大な人気を誇るナンバーを連投。昨年秋に発表された「LOSER」のミュージックビデオではダンスも披露し話題となったが、この日はハンドマイクで「駄菓子屋商売」を歌いながら体を動かす場面も。この時点で演奏曲は10曲超え。それでもまだノンストップで駆け抜け、TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニングテーマでもある「ピースサイン」後、ようやく米津は「元気ですか?」と口火を切った。演奏曲などについても短く話し、本編ラストには色彩豊かなムービーを背後に、ベースラインなどの低音が目立つダウナーな「fogbound」、舌が絡まりそうなメロディラインと幻想的なシンセサイザーが絡まる「春雷」を初披露。どちらもレコーディングしたばかりだという未発表の新曲である。

1/2ページ

最終更新:7/27(木) 13:07
Billboard Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ