ここから本文です

モナコ副会長、ムバッペのレアル移籍を否定も...「多くのオファーが届いている」

7/27(木) 6:18配信

GOAL

モナコのバディム・バシリエフ副会長は、FWキリアン・ムバッペ移籍に関するレアル・マドリーとの合意を否定するも、多くのオファーを受け取っていると語った。
昨シーズン、全公式戦で26ゴールをマークしたムバッペに、多くのビッグクラブが関心を寄せている。レアル・マドリー、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン(パリSG)などが獲得を強く望んでおり、すでに具体的なオファーを出したとも報じられていた。
バシリエフ副会長は「特定のクラブと合意したという話はない。確かに世界屈指のポテンシャルを持つ彼へのオファーは届いている。しかし、彼と新契約に関する交渉を行っており、我々は合意できると願っている」といずれのクラブとも合意には達しておらず、ムバッペは残留する可能性があると語った。

また、パリSGが2億2200ユーロ(約288億円)でネイマールの獲得に近づいていることを受け、同氏は「ネイマールがリーグ・アンでプレーするようなことがあれば、それはフランスにとって素晴らしいことだ。もちろんタイトルを守ることは一段と難しくなるが、我々には強い野心がある」とライバルクラブがブラジル代表FWの補強に成功しても、新シーズンの目標は変わらないと話している。

最終更新:7/27(木) 6:18
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合