ここから本文です

第64回NHK杯全国高校放送コンテスト ドラマなど6部門で放送部の日本一が決定

7/27(木) 22:27配信

高校生新聞オンライン

 放送部などで活動する高校生が作品制作やアナウンスなどで日本一を目指す第64回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国放送教育研究会連盟、NHK主催)の全国大会が7月25日から27日まで行われ、6部門の優勝者・優勝校が決まった。(文・写真 野村麻里子)

 コンテストはアナウンス、朗読、ラジオドキュメント、テレビドキュメント、創作テレビドラマ、創作ラジオドラマの6部門で実施された。都道府県大会には1677校1万6293人が参加し、勝ち抜いた543校が全国大会に進んだ。

ブラジルで日本の文化を伝えた生徒を紹介

 アナウンス部門で優勝したのは、廣瀬久実さん(山梨学院高校3年)。ブラジル・サンパウロを訪れて、日本文化を伝えようと現地の人に和紙制作や習字を体験してもらった同校生徒の活動を伝える自作原稿を読み上げた。

 朗読部門では、成松海悠さん(熊本・第一高校3年)が優勝。男子学生がチアリーディングでチームを結成し、全国選手権を目指す様を描いた、「チア男子!!」(朝井リョウ著)の一節を読み上げた。

受け継がれる歌のルーツをたどる

 ラジオドキュメント部門で優勝したのは、広島・呉三津田高校の作品「三津田の証」。同校に受け継がれている歌「三津田讃歌」のルーツを探った。歌ができたのは66年前。同窓生や作詞者などにインタビューした。審査員からは「知らなかったことを知られる番組。共学化した時にできた歌で、歌詞にある蝶は女子生徒を表しているなど、新しい発見がある」と評価した。

騒音問題めぐる生徒と住民の対話を伝える

 テレビドキュメント部門では、長野・松本深志高校の作品「鼎談深志」が優勝した。吹奏楽部の楽器や応援団の太鼓などの音がうるさいと地域住民から苦情があり、活動が制限される状況を打破すべく、放送委員会と応援団を兼部する生徒が中心となり奮闘する様子を伝えた。音を出す部活で委員会を作り、地域住民との意見交換会を開き、相互理解を目指す様子を描いた。審査員は「マスコミは第三者の目線での番組作りを意識するが、(同校は)自らがコミットする番組作りが新鮮。勉強になった」と評した。

1/2ページ