ここから本文です

寛一郎「まだ全然、何にも見えない」

7/27(木) 7:01配信

Lmaga.jp

「自分を見つめ直したときに、俳優をやりたいと」(寛一郎)

2015年に公開され、大ヒットを記録した劇場版オリジナルアニメ『心が叫びたがってるんだ。』。その実写版映画(7月22日公開)には、Sexy Zoneの中島健人、朝ドラヒロインの芳根京子、演技力に定評のある石井杏奈(E-girls)らが出演しているが、そのなかで、注目の新人俳優がひとり名を連ねている。野球部の元エース・田崎大樹を演じた寛一郎だ。祖父は三國連太郎、父は佐藤浩市という、いわば俳優界のサラブレッド。2017年、役者の道を歩み始めたばかりの寛一郎に、話を訊いた。

【写真】芳根京子らと舞台挨拶に挑んだ寛一郎

──原作は完全オリジナルのアニメーション映画です。その実写版ということで、意識したことなどはありますか?

やっぱりアニメと同じようにならないようには意識しました。同じところもありながら、そこに実写ならではのオリジナリティをどうやって入れていこうかというのは、難しかったですね。それこそプレッシャーでしたし、また楽しみでもありましたね。

──オファーをもらってから、原作のアニメを観たんですか?

そうですね。オファーをいただいた後ですね。でも、アニメを観たときに一番共感できるというか、一番好きなキャラクターが僕がやった田崎という役だったので、プレッシャーもありましたけど、楽しみの方が強かったですね。

──寛一郎さんは今年から俳優としての活動をスタートさせました。これまでも散々言われてきたことだと思いますが、俳優という職業を選択した大きな理由というのは何でしょうか。

それはオヤジ(佐藤浩市)が役者だというのが一番大きな部分で、それはみなさんもう、分かってることだと思うんですけど、きっかけはやっぱりそこですね。小さい頃から一番近くにあった職業ですし、一番意識していた職業だったんですけど、本当はやりたくはなかったので。でも、やるってなったのは、それこそ、この映画じゃないですけど、思春期を終わったあたり、自分を見つめ直したときに、俳優をやりたいという感情が芽生え始めました。

──「やりたくなかった」という職業を選ぶ、そこに至るまでの覚悟や葛藤というのはすごくあったと思うんですが、今回映画を観させていただいて、年相応以上に、その覚悟を背負ったというか、内に秘めたる強さみたいなものを表情から感じられまして。

あ、本当ですか。あんまり口に出すタイプではないんですけども、秘めたるものはあると思います。

──寛一郎さんが演じられた、肘の故障で挫折した野球部の元エース・田崎という役も、普段は後輩に強い口調で指示を出したりするんですけど、それでもやっぱり言えない想いがあったりして。

そうですね。内に秘めるタイプはまた違いますけど、言葉に出せない、やっぱり心に抱えているものを出せないというのは大きくありましたね。

1/3ページ

最終更新:7/27(木) 9:33
Lmaga.jp