ここから本文です

猫に薬を飲ませる夫のスゴ技 喉の奥に思い切り?!

7/27(木) 17:30配信

sippo

「万が一、自分がいなくなったら、猫のモモに薬をやる人がいなくなる」

 これが夫にとって、一番の心配事なのだそうです。

【写真特集】ビビリ猫のキジトラ「モモ」

 確かに、薬に関しては夫に任せきりなので、ちょっと自信がありません。

 ちなみに、キジトラ猫のモモになぜ薬が必要かというと、命に関わる病気ではありませんが、皮膚病のためです。何らかの原因で発生する“かゆみ”のせいで、お腹をなめすぎて肌が真っ赤になってしまうことがあるモモ。そのかゆみを抑えるために、“免疫抑制剤”なる液体の薬が入ったカプセルを毎日か数日に1回飲ませる必要があるのです。

 かつては注射でかゆみを抑えていましたが、腎臓に負担かかかるというので、医者の勧めもあり、この薬に変えたのです。

「猫に薬を飲ませるのは大変なので、やむを得ず途中で注射に戻す飼い主さんも多いんです」

 と、かかりつけの獣医師さんは言っていました。

 錠剤の場合は細かく砕いて“しっとりタイプ”のえさに加えれば食べてしまいますが、モモにやっている免疫抑制剤は、砕くことのできないカプセルタイプ。ちなみに液体タイプもありますが、味が不味いのか、我が家の場合は液体の方がより大変でした。

 カプセルをえさに混ぜることは不可能なので、ダイレクトに飲ませなければなりません。

  ペットシッターさんのアドバイスで「猫に薬を飲むことの必要性を言って聞かせる」と書いたこともありましたが、「言って聞かせた」後いざ薬をやるときに、大変苦労するのです。

 しかし夫は根気強く、ひっかき傷を作りながらモモに薬を飲ませ続け、今では数十秒で全てを終わらせる“投薬のプロ”になりつつあります。

 夫の薬のやり方はこうです。

(1) 投薬器(注射器のような形で、薬を押し込むための道具)とスポイトの水を準備。

(2)皮の手袋を装着。(噛まれることがあるため)

(3)モモを捕らえる。(寝ているときがベスト)

(4)モモの顔を上に向かせ、口元を投薬器でトントンして口を開かせる。

(5)投薬器を喉の奥まで思いっきり(ここが重要)差し込み、薬を放つ。

(6)スポイトを口に突っ込み、水を飲ませる。

 夫によると、薬よりもモモは水を嫌がるそうです。しかし、水をあげないと喉に張り付いたり、胃に到達するのが遅くなるため、水をあげたほうがいいようです。

 私には、特に(5)をできる気がしません。

「喉に穴が開くんじゃないか?というくらいの勢いで薬を突っ込まないと、薬を吐き出してしまうし、かえってモモが嫌がる」と夫は言います。

 その思い切りの良さが、私には、ない…。

 以前は、薬を飲ませるときに大層暴れましたが、今では観念したかのように、薬を受け入れているモモ。それでも、やっぱり少しは嫌がります。

 “嫌なこと”をする夫を、モモは嫌いになってしまいそうなものですが、薬を飲ませるとき以外は夫にすり寄ったりするし、怯えている様子は一切ありません。

 モモは小さい頭で「嫌だけど、やらなければならない」ことが分かっているのかもしれません。やっぱり、「言って聞かせる」ことは大切でした。

 夫の代わりに薬をやれるように私も訓練すべきかな、と思い始めている今日この頃です。

sippo(朝日新聞社)

最終更新:7/27(木) 17:30
sippo