ここから本文です

強盗傷人罪で無職男起訴 千葉地検

7/27(木) 10:32配信

千葉日報オンライン

 今年1月、流山市のパチンコ店景品交換所で発生した強盗致傷事件で、千葉地検は26日、女性から現金などを奪い、取り押さえようとした男性にけがを負わせたなどとして強盗傷人の罪で住所不定、無職の男(47)を起訴した。

 起訴状などによると、男は1月9日午後7時ごろ、同交換所に訪れた松戸市の医療事務の女性=当時(66)=から現金約8万円などの入った財布(時価約2万円相当)を奪い、逮捕を免れるため、目撃して止めに入った男性2人のうち、流山市の会社員男性=当時(43)=の左腕をカッターナイフのような刃物で切りつけ、全治約1週間のけがを負わせたなどとしている。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)