ここから本文です

白い花が満開 新得町内の「そばロード」 見ごろは8月上旬ごろまで

7/27(木) 14:45配信

十勝毎日新聞 電子版

 十勝一のソバどころ新得町で、ソバの花が見ごろを迎えている。満開に咲いた白いかれんな花が、畑一面にじゅうたんのように広がっている。

 JA新得町によると、町内の作付面積は管内一の263ヘクタール。うち88ヘクタールを占める新得物産サホロ農園(町基線104、清水輝男社長)前の畑は、真っすぐに延びる国道38号沿い1・5キロを白い花で埋め尽し、「そばロード」と呼ばれている。

 5月下旬から種まきを始め、現在は人の背丈ほどに。観光客らが車を止め、期間限定の花景色を楽しんでいる。同社は「昨年は台風災害などで収量が落ちた分、豊作を期待したい」と満開の花に希望を託す。8月下旬から収穫に入る。

 花は8月上旬ごろまで。30日午前10時から、同社工場前そばの里公園で「第24回新得そばの里まつり」が開かれる。(小寺泰介)

十勝毎日新聞