ここから本文です

トヨタ出身の新社長は、ペットとクルマと家をつなぐ? ミサワホーム・磯貝匡志氏

7/27(木) 17:50配信

日刊工業新聞電子版

■トヨタグループとシナジー創出

《トヨタホームの子会社となり、会社設立50周年を迎えるという節目の年に社長就任となった。2019年度までの中期経営計画も始まった。トヨタ出身として両社の提携によるシナジー創出が大きなミッションだ》

 「(ミサワホーム副社長に就任した)14年から全国の販売店や開発拠点などを回る中で二つ感銘を受けた。一つは木質パネル接着工法をはじめ、介護・子育てのノウハウも含めた技術力の深さ。地方も含めた人材の層の厚さにも驚いた。このミサワホームの強みに、トヨタグループが持っている力を組み合わせる。これまでの50年に感謝しながらこれからの50年、日本人の幸せに貢献したい」

《トヨタ自動車の技術部門の担当役員時代、北米で大規模なリコール問題が発生し、対応に奔走した》

 「信用回復につながっていく過程で支援の声が草の根的に広がった。陰徳を積めば助けてくれる人がいることを実感した。ミサワホームにもおよそ60万世帯の顧客がいる。謙虚と感謝の心でアプローチしていく」

《趣味は犬を飼うこと。愛犬のボーダーコリーとの朝晩の散歩でだいぶ健康になったとか。家の中で犬と目線を合わせて暮らす中で、床や引き戸のレールといった、普通は気付かない住宅設備の課題にも気がついた》

 「日本には犬と猫を合わせて約2300万頭が暮らす。長寿のためにも犬や猫との暮らしは大切だ。そのために家をどうアレンジするか考えていきたい」