ここから本文です

トム・ハーディがボスニア紛争映画に主演

7/27(木) 14:00配信

ぴあ映画生活

トム・ハーディが『My War Gone By, I Miss It So』に主演することになった。プロデューサーも兼任する。原作は、アンソニー・ロイドが書いた同名のメモワール。軍隊一家に生まれた彼の、ボスニアでの体験、両親の離婚、父との関係、ドラッグ中毒との闘いなどを織り交ぜつつ語るものだ。監督は、ハーディが『ウォーリアー』で組んだギャヴィン・オコナー。オコナーもプロデューサーのひとりに名を連ねる。

ハーディの最新作は、現在全米で大ヒット中の『ダンケルク』。オコナーの最新作は、ベン・アフレック主演の『ザ・コンサルタント』。『ザ・コンサルタント』は続編の企画が進んでいるが、オコナーが監督をするかどうかは定かでない。

文=猿渡由紀

最終更新:7/27(木) 14:00
ぴあ映画生活