ここから本文です

PSGとネイマールは最終局面を迎える、監督からのラブコールと同胞からの説得も?

7/27(木) 9:02配信

SPORT.es

パリ・サンジェルマン(PSG)はネイマールとの契約に向けて最終局面に入っており、早急に契約を実現したいと考えている。そして、PSGは契約に向けて全てのステップを踏んでおり、逆にネイマールからの最終的な返答を求めている。

ネイマールがFCバルセロナとともにアメリカツアーを行っている一方で、PSGはネイマールから最終的な返答を得るためにプレッシャーをかけ始めている。

■ファイナルアンサー
PSGのスポーツ・ディレクターを務めるアンテロ・エンリケはクラブがこれ以上返答を待てない旨を伝えるためにネイマールにコンタクトを取ったとレキップ紙は報道している。PSGはネイマールからポジティブな返事が聞けると考えているが、急いでもらう必要もある。そのため今回のようにネイマールに対して最終判断を仰いでおり、PSGはアメリカツアーが終わる来週中には契約をまとめたい意向である。

■監督エメリからのラブコール
PSGがフロリダ、FCバルセロナがワシントンにいるという状況で、PSGの監督ウナイ・エメリがネイマールに電話で接触したと『カデナ・セル』は報じている。そして、その会話の中で監督エメリは自身のチーム構想を説明し、もしネイマールが加入してくれれば他のスター選手の獲得もより容易になると語ったということである。

■同胞からの説得
また、ここ最近ではネイマールの友人でPSGに所属するチアゴ・シウバやマルキーニョスなどのブラジル人選手にPSGと契約するという主旨の話をしたとの報道もされているのに加え、PSGはダニエウ・アウベスを筆頭に同胞の選手達にネイマールを説得するように求めているようである。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:7/27(木) 9:02
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

Yahoo!ニュースからのお知らせ