ここから本文です

エミレーツカップが待ちきれないヴェンゲル監督「素晴らしい2日間となる」

7/27(木) 9:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ヴェンゲル監督にとって思い出深い大会

オーストラリア、中国でのプレシーズンツアーを終えたアーセナルは、ロンドンに戻り新シーズンに向けて最終調整に入った。その一貫としてアーセナルは、29日と30日の2日間に掛けて行われるエミレーツカップに参加する。

2007年から始まったこのエミレーツカップは、アーセナル主催の大会で同クラブのホームであるエミレーツスタジアムで行われる親善試合だ。世界中のクラブから4チームを集めて行われる同大会は、2012年と2016年を除き毎年開催されている。またアーセナルにとっては、この大会が新シーズンに向けてホームのファンに“ご挨拶”する場でもある。そのため、アーセン・ヴェンゲル監督は、この大会をとても気に入っているという。同監督は大会に対する思いを、クラブ公式サイトに語った。

「とても興奮しているよ。この大会はいつもファンに新シーズンに向けて挨拶する絶好の機会であり、とてもリラックスした雰囲気で行われるんだ。 プレッシャーはなく、みんなが楽しんで若い選手や、新しい選手を見に来る。とても素晴らしい2日間となるね。昨年は開催することができなくて、とても残念だったよ」

エミレーツカップは過去に、アーセナルのレジェンドであるティエリ・アンリ氏が、ニューヨーク・レッドブルズの一員としてエミレーツに帰還するなど、ヴェンゲル監督にとって思い出深い大会となっている。また、昨年はユーロ2016とピッチコンディションを改善するため開催が見送られていた。そのため今大会は2年ぶりの開催となり、今回はアーセナルに加えてセビージャ、ベンフィカ、RBライプツィヒの4チームによって競われる。

https://www.theworldmagazine.jp