ここから本文です

カンタン節約手作り 暑い時期に大量消費する冷たいおやつ

7/27(木) 12:20配信

マネーの達人

暑くなると消費量が増える冷たい飲み物や食べ物。

家事をしているだけでも暑いので、のどが乾いたりアイスクリームなどがほしくなったり、ちょこちょこ休憩を取らざるを得ませんよね。

ましてや子どもがいる家庭では夏の飲み物代やアイス代がバカになりません。

単価が安いのでまあいいかとまとめ買いしがちですが、ひと夏合計するとけっこうな金額を使ってしまってますよね。

だったら、低コストでカンタンに手づくりできるものを取り入れて節約しましょう!

冷たいゼリー

夏のおやつの定番「ゼリー」はカンタンに手づくりできます。

でも、

「固める容器を並べる場所が冷蔵庫にない」

「容器を洗うのがメンドウ」

だから市販のものを買うという方が多いと思います。

そんな困ったを解消するのが「紙パックジュースゼリー」です。

1リットル100円程度で売っている、フルーツジュースの紙パックがありますよね。

材料はそのジュースと粉ゼラチン15グラムだけです。

1. 紙パックを開けて200mlほどを耐熱容器に注いでレンジで70度ぐらいに加熱。

2. ゼラチンを振り入れながらよく混ぜて溶かしたら、紙パックに注いで戻す。

3. 紙パックの口をしっかり手で押さえて上下によーくシェイクする。

4. そのまま冷蔵庫で4~5時間冷やす。


立てたまま冷蔵庫に入れるので、小容器をずらっと並べるスペースが不要です。

仕上がりがとってもボリューミーで、しかもヘルシーです。

ゼラチンは5グラムずつにパックされたものが売っているので計量いらず。

紙パックでつくると、泡立て器や容器などの洗い物も出ません。お手軽です!

もちろん砂糖を加えてもいいですし、ゼラチンを10グラムに減らしてジュレのようにふるふるに仕上げてグラスに盛りつけてもOK。

手づくりだからアレンジは自在です。

大人はコーヒーゼリーをつくってミルクをかけたりバニラアイスを添えるとママ友のおもてなしにもなりますよ。

1/2ページ

最終更新:7/27(木) 12:20
マネーの達人