ここから本文です

トラブルが連発する今シーズンのレッドブル。その苦境がフェルスタッペンを強くする!?

7/27(木) 12:11配信

motorsport.com 日本版

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンはここ数レース、不運に見舞われてきた。表彰台が見えたこともあったし、アゼルバイジャンGPでは勝利を手にする可能性すらあった……しかし、信頼性の問題が、ことごとく彼の手から、それらを奪っていった。

【写真】オーストリアGPのスタート直後、クビアトに”撃墜”されるアロンソとフェルスタッペン

 この厳しい試練が、フェルスタッペンをより強いドライバーにしていくと、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは語る。

「私が思うに、彼はとてつもなく成熟している」

 そうホーナーは語った。

「その当時、彼は明らかに感情的になっていた。しかしすぐに、彼は自分自信をコントロールし、次のイベントに集中した」

「彼のドライビングは、今年どんどん強くなっている。だから今回の出来事は、彼のキャラクターを形作るのに役立っている」

「彼の非常に短いキャリアの中でも、難しい時期だろう。しかし彼はそれを、非常にうまく処理していると思う」

「彼はレース中にも自分の時間を持ち、よく理解し、とても速くて、急成長している。そして次のイベントに集中する。彼の労働意欲は非常に強いんだ」

 ホーナー曰く、フェルスタッペンの言動に、世界中の若い世代から注目が集まっていると考えている。

「彼は今19歳だが、今年の終わりには20歳になる。まだレンタカーすら借りることができない歳だということを、忘れてしまうことが多いんだ」

 そうホーナーは語る。

「彼はまだ、大学に行く前段階の教育を、終えたばかりに過ぎない」

「彼がどうやってプレッシャーや期待をコントロールしているかは、世界中の若い人たち、特に彼の母国の人たちにとって、明らかに関心事項となっている」

「この前のシルバーストンやその1週間前のオーストリアでは、オランダのファンを多く見かけたと思う。そして、今年のスパも大変なことになると確信している。その注目の高まりを彼がどう扱うかは、とても興味深いね」

 フェルスタッペンはイギリスGPを4位で終えた。ホーナーは今週末のハンガリーGPで好結果を得ることができれば、シーズン後半にはもっと良い結果が得られると期待している。

「もちろん、シルバーストンで彼がチェッカーフラッグを受けるのを見て、嬉しかった。直近の3レースでは、彼は素晴らしいポジションにいたにもかかわらず、思い通りの結果にはならなかった」

「そして今、我々はその好調さをキープし続けなければいけない。ハンガリーは、良い結果を生み出すチャンスだと思う。だからこそ、シルバーストンで成し遂げた成績以上の成果を上げる必要があるんだ」

Jonathan Noble