ここから本文です

金属探知機撤去後も聖地めぐる緊張状態続く、エルサレム

7/27(木) 12:24配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【7月27日 AFP】ユダヤ教とイスラム教、双方の聖地がある中東エルサレム(Jerusalem)の旧市街(Old City)で25日、イスラエル当局が聖地の入り口に設置した金属探知機を撤去したものの、当局とイスラム教徒の間で緊張状態が続いている。緩和策が見つからない場合、今週中にも大きな混乱が引き起こされる懸念がある。イスラム教徒らが聖地への立ち入りを拒否し、通りで祈りをささげ始めてから1週間以上が経過している。26日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7/27(木) 12:24
AFPBB News