ここから本文です

ホンダ シビックが待望の復活!ハッチバックの6MT導入は開発者が「自分が買いたかった」から!?

7/27(木) 20:15配信

オートックワン

ホンダは2017年7月27日、10代目となる新型シビックシリーズを発表した。

新型シビックは、Cセグメントトップクラスの「操る喜び」を実現すべく、開発がすすめられた。クルマの骨格となるプラットフォームを刷新。開発の早い段階で、タイプRを想定したプラットフォーム作りを行ってきたという。さらに、今回はシビック史上初めてセダン/ハッチバック/タイプRの各モデルを1つのチームで行ってきた。

>新型シビックハッチバック/セダン/タイプRを写真でチェック(画像37枚)

昨今のホンダは、国内市場はN-BOXに代表される軽自動車の売れ行きが好調で、さらに2016年に発売したコンパクトミニバンのフリードも順調に売れている。

軽自動車やミニバンやが販売好調な反面、スポーティな走りを楽しめるモデルが少なくなっていたのも事実である。

日本では8代目シビックの販売以降、リーマンショックの影響や国内のセダン市場の縮小という変革期にあたり、シビックの販売を終了せざるを得ない時期があった。

そのため9代目シビックは日本で販売されず、9代目をベースとしたタイプRのみが750台の抽選販売をおこなうという変則的な形をとったが、10代目となる新型シビックは、歴代モデルが実現してきた気持ちの良い走行性能やかっこいいデザインなど、ホンダのDNAを継承し、”最強のシビック”として生まれ変わった。

「OTOKOMAE(男前)」を合言葉に開発された新型シビックシリーズ

新型シビックを開発するにあたり、ホンダはドイツのアウトバーンやニュルブルクリンクでクルマを徹底的に鍛え上げ、より成熟したモデルに仕上げることができたと開発者は語る。

高い目標にチャレンジするため、開発チームは「OTOKOMAE(男前)」を合言葉にしてきた。「男前=一切の妥協を許さない」ということを念頭に置き、開発チームが一丸となって形にした新型シビックシリーズでは、さまざまなこだわりが注ぎ込まれている。

例えば、ハッチバックモデルに6速マニュアルが設定されたこと。当初日本に6MTを投入する予定がなかったそうなのだが、思った以上に良い仕上がりになり、「日本のユーザーに乗ってもらいたい!」、もっと言うと開発陣が「自分で購入して乗りたい!」という思いで、日本導入が決定した。

実際、ハッチバックを購入した約4割のユーザーが6MTを選択しているそうで、開発陣の熱い思いがユーザーに届いた形になっているようだ。

新型シビックは、新開発のプラットフォームを軸とし、ワイド&ローのスタイルを実現、さらにスムーズな加速性能と環境性能を両立する直噴VTECターボエンジンを搭載した。

ボディタイプは、上質な走りのセダン、スポーティなハッチバック、究極のFFスポーツのタイプRの3つをラインナップしている。

今回の新型モデルは、セダンのみが国内(埼玉・寄居工場)で生産され、ハッチバックとタイプRが英国のホンダオブ・ザ・ユーケー・マニュファクチャリング・リミテッドで生産されて日本に輸入される形になる。

なお、使用燃料は、国内生産のセダンはレギュラーガソリン、英国生産のハッチバック/タイプRはハイオクガソリンとなる。

セダン/ハッチバックには1.5リッター直噴VTECターボエンジンが搭載される。ステップワゴンなどに搭載されている1.5リッターターボエンジンと基本的には同じだが、シビック用にチューニングが施され、セダンは173馬力、ハッチバックは182馬力を発生する。

前述のように、ハッチバックにはCVTに加えて6MTも用意(セダンはCVTのみ)。さらに、安全運転支援システムのホンダセンシングも全車標準装備するなど、装備も充実させた。

1/2ページ

最終更新:7/27(木) 20:15
オートックワン