ここから本文です

「可月亭庭園」8月5日にお披露目イベント 会津三庭園の一つ

7/27(木) 11:05配信

福島民友新聞

 「会津三庭園」の一つに数えられ、会津藩主も度々訪れたとされる会津若松市材木町の名園「可月亭庭園」のお披露目イベントが8月5日、同庭園内で開かれる。個人所有のため非公開だったが、カフェや美術館を備えた庭園美術館として一般公開の準備が進んでおり、ひと足早くお披露目される。
 可月亭庭園は同市の国指定名勝御薬園(花春町)、攬勝(らんしょう)亭(柳原町)とともに会津三庭園と称され、「心」の漢字をかたどった心字池や大小二つの築山、庭木、灯籠類がほぼ改修されず残っている。
 現在の姿を残しながら客座敷をカフェ、土蔵を美術館に活用する計画で、10月の一般公開(有料)を目指している。
 8月5日のお披露目イベントは、文化財や歴史遺産の掘り起こしなどに取り組む城西界隈まちづくり協議会の主催。午前10時から正午まで裏千家宮崎社中による茶会(参加料500円)が開かれ、午後1時から「大森真withフルハウス」(福島市)の4人によるジャズライブ。入園無料。

福島民友新聞

最終更新:7/27(木) 11:05
福島民友新聞