ここから本文です

中国の“給与未払い問題“にスペイン紙 「テベス、オスカルらスターが再び市場を賑わす可能性も」

7/27(木) 18:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

スター流出の可能性もあるか

近年多額の資金を投じてスター選手をかき集めていた中国サッカー界に激震が走った。なんと1部リーグの13クラブを含む計18のクラブで給与未払い問題が起こっているというのだ。期限としては8月15日までに解決する必要があるようで、それができなければ翌年のリーグ戦出場資格が無くなる可能性もあるという。

ロナウジーニョ、フットバレーで“超絶テク”を披露(動画アリ)

これにスペイン『as』は、中国からスター選手が続々と流出する可能性があると注目している。中国がこれまで欧州や南米から獲得したスター選手は給与が異常なほど高額で、それが選手たちを惹きつける最大の魅力でもあった。しかし給与が支払われないとなれば、再び彼らが欧州トップリーグなどに戻ってくる可能性も考えられる。

同メディアは「再び市場を賑わす可能性のある7人」と題し、中国を離れるかもしれないスター選手たちを特集している。その7人とは、年俸が驚異の3800万ユーロに達すると言われる上海上港の元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス、そのチームメイトであるFWフッキ、乱闘騒ぎでも話題になったMFオスカル、今夏バルセロナ移籍も噂された広州恒大のブラジル代表MFパウリーニョ、チームメイトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネス、チェルシーで活躍した江蘇蘇寧のMFラミレス、河北華夏のFWエセキエル・ラベッシの7人だ。

仮に彼らが中国を離れることになれば、欧州五大リーグのクラブから声がかかるだろう。オスカルなど比較的若い選手もいるため、まだまだ欧州でも評価は高いはずだ。中国での給与未払い問題は大きな話題を呼んでいるが、超豪華な中国サッカーは崩壊してしまうのか。アジア以外にも中国サッカー界の動きに注目している人は多そうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報