ここから本文です

充電用バッテリー不具合で発火も

7/27(木) 15:16配信

ホウドウキョク

スマートファンや、タブレットの充電に使うバッテリーの発火事故に注意喚起。
スマホやタブレット向けのモバイルバッテリーの発火事故を再現した映像には、充電していたモバイルバッテリーが発火し、周辺が焼けてしまう様子が映っていた。
NITE(製品評価技術基盤機構)によると、2016年度までの5年間で、モバイルバッテリーやスマートフォンなどに搭載されたリチウムイオンバッテリーによる発火事故は、274件報告されている。
事故原因は、製品の不具合によるものが8割を占めていて、NITEは、リコール製品などに注意するよう呼びかけている。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/27(木) 15:16
ホウドウキョク