ここから本文です

『ワンダーウーマン』続編、2019年12月に全米公開

7/27(木) 15:30配信

クランクイン!

 先頃、続編の制作が正式発表された女優ガル・ガドット主演のスーパーヒット映画『ワンダーウーマン』(日本では8月25日より公開予定)。米ワーナー・ブラザースが現地時間25日、2019年12月13日より全米公開予定であることを発表したとThe Hollywood Reporterが伝えた。

【関連】『ワンダーウーマン』フォトギャラリー


 2013年のスーパーマン映画『マン・オブ・スティール』から始まった新DCユニバースを描く映画4作の中で、最高の世界興行収入を上げている『ワンダーウーマン』。パティ・ジェンキンス監督の続投が望まれているが、現在、契約交渉中でまだ正式決定していないとのことだ。

 『ワンダーウーマン』続編の全米公開前には、DCヒーローが集結する『ジャスティス・リーグ』が、日本より約1週間早い今年11月17日、『Aquaman(原題)』が2018年12月21日に全米公開を迎える予定だ。

 マーベルとのアメコミヒーロー映画対決が激化するワーナー・ブラザースは、DCユニバースの拡大を精力的に進めており、バットマン単独映画やフラッシュが主人公の『Flashpoint(原題)』、バットガール映画、『スーサイド・スクワッド』続編、グリーンランタンが主人公の『Green Lantern Corps(原題)』などを制作する。タイトル不明の2作品はそれぞれ2020年2月14日と2020年6月5日に全米公開予定になっている。

最終更新:7/27(木) 15:30
クランクイン!