ここから本文です

坂本龍一が全てさらけだしたドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』11月公開

7/27(木) 18:00配信

rockinon.com

坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画の正式タイトルが『Ryuichi Sakamoto: CODA』に決定。11月4日(土)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開される。

また、本作が8月30日(現地時間)にイタリア・ベネチアで開幕される第74回ベネチア国際映画祭の「アウト・オブ・コンペティション部門」に公式出品されることが決定した。坂本にとって当映画祭は2013年にコンペティション部門の審査員として参加したゆかりの深い映画祭で、今度は自身の出演作品が日本での公開に先がけてワールドプレミアを果たすことになった。

本作は、2012年から5年間という長期間に渡る本人への密着取材によって実現。さらに膨大なアーカイブ素材も映画を彩るという。震災以降の坂本の音楽表現の変化に興味をもち、密着取材を始めたのは、本作が劇場版映画初監督となるスティーブン・ノムラ・シブル。坂本龍一が「全てさらけだした」という本作は、過去の旅路を振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでの、坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリーとのこと。

●映画情報
『Ryuichi Sakamoto: CODA』
11月4日(土)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
出演:坂本龍一
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
プロデューサー:スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー:角川歴彦 若泉久央 町田修一 空 里香
プロデューサー:橋本佳子 共同制作 : 依田 一 小寺剛雄
撮影:トム・リッチモンド, ASC 空 音央
編集:櫛田尚代 大重裕二
音響効果:トム・ポール
製作/プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA
製作:KADOKAWA  エイベックス・デジタル 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント 
制作協力:NHK  共同プロダクション:ドキュメンタリージャパン
配給:KADOKAWA  ©2017 SKMTDOC, LLC
©2017 SKMTDOC, LLC
2017年/アメリカ・日本/カラー/DCP

映画公式(facebook)

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:7/27(木) 18:00
rockinon.com