ここから本文です

えびすかぼちゃ、大玉で甘み強く 穴水で初出荷

7/27(木) 2:14配信

北國新聞社

 能登一円で栽培される「えびすかぼちゃ」の出荷が26日、穴水町平野のJAおおぞら選果場で始まった。今年は5月の雨不足、6月上旬の低温で生育が心配されたが、生産者の品質管理が徹底され、大玉で甘みが強い上質のカボチャに育ったという。

 JA職員らが一つ一つ手にとって確かめ、形や大きさごとに選別し、箱詰めした。26日は県内や富山、関西方面に30トンを出荷した。

 おおぞら、町野町、内浦町の3JAでは、8月下旬まで、昨年より40トン多い計490トンの出荷を見込んでいる。

北國新聞社

最終更新:7/27(木) 2:14
北國新聞社