ここから本文です

「ゼロ災」達成を誓う 石川電気工事組合が安全衛生大会

7/27(木) 2:09配信

北國新聞社

 石川県電気工事工業組合の安全衛生大会は26日、金沢市の同組合会館で開かれ、参加した約210人が労災事故をなくす「ゼロ災」の達成に向け、安全を徹底することを誓った。

 大会長の米沢寛理事長はあいさつで「安全の徹底が人材の確保など全てにつながる。現場でしっかり声を掛け合ってほしい」と求めた。北陸電力の水谷和久執行役員石川支店長が来賓を代表して祝辞を述べた。

 安全講話が行われたほか、事業所の安全、施工品質管理事例が発表された。

北國新聞社

最終更新:7/27(木) 2:09
北國新聞社