ここから本文です

悲願のモラタ獲得も…チェルシーのコンテ監督が本命?を明かす

7/27(木) 11:05配信

ゲキサカ

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督が“本命”を明かした。英『スカイスポーツ』が報じている。コンテ監督はトッテナムのFWハリー・ケインを高く評価しているようだ。

 チェルシーは今夏の移籍市場でレアル・マドリーからFWアルバロ・モラタを獲得。モラタは「自分が最も信頼している監督のいるチームに行けることになった」「コンテは僕のことを最も”買って”くれている監督だ。一度も彼のもとでプレーしたことはないのに」と指揮官へ絶大な信頼を寄せ、移籍を決断したとも言われている。

 コンテ監督はモラタを獲得したこともあり、今夏にケインを獲得する意思はないと主張しつつも、「私にとってケインは今、世界最高のストライカーの1人だよ」と口を開いた。

「もし1人ストライカーを買っていいなら、私はケインを買いたい。彼は完璧なストライカーだ。ボールを持っているときでも持っていないときでも、肉体的な強さを発揮してくれる。空中戦も強いし、右でも左でもいける」と高評価。

「まさに完璧なストライカーだ。世界でも有数のストライカーだといえる。今ケインを買おうとすれば、1億ポンドはくだらないだろう」

「少なくとも私にとって、彼にはそれだけの価値がある。まちがいなく大物ストライカーだよ」と太鼓判を押した。

最終更新:7/27(木) 11:05
ゲキサカ