ここから本文です

「少女革命ウテナ」新作&初公開ラフがflowersに、今冬に第2弾の掲載も決定

7/28(金) 0:00配信

コミックナタリー

ビーパパスが原作を務め、さいとうちほがマンガ版を手がける「少女革命ウテナ」の新作エピソード「少女革命ウテナ After The Revolution」が、本日7月28日発売の月刊flowers9月号(小学館)に登場した。

【写真】「少女革命ウテナ」の初期設定のラフ。(他1枚)

テレビアニメの放送から20周年を迎える今年、新たに描かれたエピソードでは、最終回から時を経た鳳学園を舞台に物語を展開。鳳学園を訪れたとある人物の姿とは。また今号ではテレビアニメで監督を務めた幾原邦彦と、さいとうの対談も掲載されている。2人の出会いから「少女革命ウテナ」の制作秘話、20年ぶりの新作にかける思いまで語られた。

さらにキャラクターデザイン原案も手がけたさいとうの、初公開となるウテナとアンシーの初期設定のラフも掲載。また今冬、「少女革命ウテナ」新作の第2弾が掲載されることも決定した。詳細はflowersの誌面にて告知される。なお今号にてさいとうは連載作「とりかえ・ばや」と2本立てで登場した。

加えてさいとうの画業35周年を記念し、8月13日から20日まで東京・三省堂書店池袋本店では原画展を開催。また8月10日に「とりかえ・ばや」12巻が発売されることにあわせ、8月19日に同会場にてサイン会も実施される。参加方法などの詳細は誌面にて確認しよう。

さいとうちほ原画展
日時:2017年8月13日(日)~8月20日(日)10:00~22:00(最終日は19:00終了)
会場:東京・三省堂書店池袋本店 書籍館4階 イベントスペース「Reading Together」
料金:無料

さいとうちほサイン会
日時:2017年8月19日(土)14:00~
会場:東京・三省堂書店池袋本店 書籍館4階 イベントスペース「Reading Together」