ここから本文です

大学の新学期準備費用、一家庭27万円?最大の支出はデジタル製品

7/28(金) 6:40配信

ZUU online

米国の大学生とその親が、大学の新学期準備に460億ドル(約5.1兆円)使う予定であることが、デロイトの調査から分かった。幼稚園から高校卒業までの子どもの新学期準備費用の約2倍に値する。

親、子ども共に準備費用を負担しており、6割の子どもが「費用の半分以上を出すつもり」ではあるものの、総体的な負担額は親の方が大きくなりそうだ。購入手段や予算に対する考え方にも差がある。

内訳で最も高額なのはコンピューターなどデジタル製品で、親によるデジタル製品への支出は平均962ドル(約11万円)、子ども自身による支出は平均687ドル(約7.6万円)だ。

■費用負担の割合に、親子間で温度差

この調査はデロイトが2017年5月から6月にかけて 、大学生(新入学生を含む )米国の子どもと親、それぞれ1025人を対象に実施したもの。

欧米では9月が学校の新年度となるため、夏休み中に必要品を新調したり、何かと物入りな時期である。大学進学ともなれば衣類から電化製品まで生活用品一式を準備する必要があることから、自宅から通学していた義務教育の準備よりはるかに費用がかかるのも納得だ。
負担の割合については57%子どもが「半分以上自分で払う予定」と答えたが、「子どもが半分以上払うと思う」と答えた親は21%にとどまる。具体的な負担額の平均は親が1347ドル(約15万円)、子どもは1051ドル(約12万円)と、やはり親が少し余分に払うケースが多いようだ。単純に計算すると一家庭の平均は2398ドル(約27万円)になる。

「買い物リスト」の最優先アイテムは親、子どもともに「学習用品」と「衣類」だが、「コンピューターおよびハードウェア」と「電化製品およびデジタル・サービス」を優先アイテムとして挙げる確率は、子どもの方が高くなる。

■子どもの方がセールや割引を賢く利用する?

「共同出資」となると意見が衝突することもありそうだ。

49%の子どもが「予算や買い物に関しては自分で決める」つもり、20%が「親に相談するが自分で買いに行く」と自立心を見せており、「親に相談して一緒に買いに行く」予定なのは26%。

一方67%の親が「子どもと相談して一緒に買い物する」、10%が「子どもに予算を決めさせて、一緒に買いに行く」と答えたほか、「自分が完全に予算を決める」という親も10%いる。

また手段についても、親が買い物の49%を実際の店舗、25%をオンラインでと考えているのに対し、子どもは41%を店舗、35%をオンラインでと計画している。

意外なことに、リテールによる新学期準備セールやディスカウントの利用を考えている 子どもの割合は81%と、親よりも3ポイント高い。価格比較などのリサーチを行う割合も、子ども75%に対し、親は68%と差が開く。

しかし近年の大学生活でデジタル化が主流になっているのを理由に、「従来の新学期準備品は買わない」と答えた親は63%。子どもよりも16ポイント多い。世代による経済観念の違いが、この辺りに反映されているのかも知れない。

■4割の子どもがSNSを買い物の下準備ツールとして活用

現代的な新学期準備にSNSは欠かせない要素だ。40%の子どもが「SNSを新学期準備の買い物に活用する」と答えているが、同様の回答をした親は18%だ。

そのうち60%以上の子どもが「SNSで商品レビューをチェックする」「商品を探す」「セールなどを探す」と、下準備のツールとして活用する意向を示している。

リテール側の狙いである宣伝効果はいまひとつのようで、実際に商品の動画を見たり投稿する確率は、子どもでも25%にとどまる。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

ZUU online

最終更新:7/28(金) 6:40
ZUU online